雪面をつかむということ

 

先の2つのコラムにて、基本姿勢について、また、基礎滑走技術の底上げとステップアップには基本姿勢の徹底習得が不可欠であること、そして、その伝え方に工夫が必要であることをお伝えしましたが、ここではその「根本的な目的」について考えてみたいと思います。

 

皆さんよく耳にされると思うのですが、滑走技術のレベルの高さを表現する言葉として「板が踏めている」という表現方法があります。具体的にどのような状態だと思われますか?

 

私たちは下記の通り定義したいと思います。

 

1.ノーズ(板の先端)からテール(逆の先端部分)の有効エッジ部分をフルにグリップできている。

2.カービング(エッジング滑走)や直滑降など(面での滑走)の際、板のノーズから導入しテールで抜いている。

3.板のトーション(ねじれ)を生み出し、フレックス(ノーズ&テールの反発)を利用できている。

 

上記の定義3つのうち1つないしは2つ程度満たしていれば、ある程度のスピードでも、多少荒れたバーンでも、比較的安全に滑走することができるのです。そういった意味で、「板を踏んで」滑走できている方はたくさんいらっしゃるかと思います。しかしながら、「雪面をつかめている」方は多くありません。

 

では、「雪面をつかむ」とはどういうことなのでしょうか?

雪面をつかんだ滑りができていれば、荒れたバーンでも、ジャンプ台などの人工物でも、フィールドを問わず安定して滑走することができるのです。

 

下記の動画をご覧ください。まさしく「雪面をつかんだ」状態とはこのことです。

重心がどのポイントにあろうが高い姿勢から低い姿勢まで雪面のグリップを離さない、見た目上の“形だけ”ではない、強く、太くありながら計算しつくされた繊細な板さばきは圧巻です。板の走り、切れ、スピードが半端なく、強さと速さ、そして美しさを兼ね備えた滑りとはこのことだと思うのです。憧れです。

こちらはジャンプ動画ですが、注目してほしいのはそのアプローチと着地からの滑走です。

 彼女の場合、当然キャンバー構造の板を履いていますが、板の踏み加減が強く、ノーズとテールがそりあがっているので、ロッカー構造(板が船底のようなキャンバーとは逆の構造)の板を履いているんじゃないか?と勘違いさせられるほどです。さらには着地直後でも、衝撃を瞬時に吸収し、雪面をがっちりつかんで瞬間的に板を走らせ、安定した状態で次のアクションにそなえています。その辺はさすが世界の競合と戦い抜いた、元クロス選手だなと感服するばかりです。スロープスタイル競技転向直後に、これだけのパフォーマンスができるのは、彼女の基礎滑走技術が卓越しているからだと思います。観てるだけで鳥肌ものです!(もちろん論理的思考やハートの強さも十二分に持ち合わせてらっしゃるのは言うまでもありませんが。)

 

皆さんもうお分かりかもしれませんが、各動画に登場するライダーの皆さんは上記の3つの定義すべてを、高次元で満たした滑走をしていらっしゃいます。これこそが、「雪面をつかんだ」滑走能力なのです。さらには、重心を上下・前後にコントロールし、“ため”や“加速”を作ったり、“衝撃吸収”して次の動作につなげる等、機動力に満ちた滑走をされています。この重心のコントロールは、基礎滑走技術が卓越しているからこそできることで、その根本を裏付けるものが、雪面をつかんで安定して滑走できる基本姿勢の習得から始まるのです。

 

長くなりましたが、「雪面をつかむ」ということがどういう状態か、なんとなくお分かりいただけたでしょうか?まずは、お子様に雪面に圧をかけグリップする感覚を徹底的に身につけさせてあげてください。保護者の方には、そのためのサポート、適切な声かけ(【基本姿勢のあれこれ】その2参照)をしてあげてもらいたいと思うのです。

そして、そこから雪面をつかんだ滑りを目指していきましょう!

 

【ご参考に・・・】

 スノーボードの*基本動作に「荷重」:沈み込んで雪面に圧をかけていく動作「抜重」:立ち上がって雪面から圧を抜いて次のターンの導入に備える動作がありますが、抜重といってもグリップをはずし吹けば飛ぶような状態での滑走をさしているわけではありません。あくまで次の動作にそなえた「雪面をつかんだ」ニュートラルな姿勢であると私たちは考えます。(*実は逆もあります。パウダーランや荒れたバーンにおいてはとても有効な滑走技術です。)