セルフコンディショニングについて

トレーナー:柴田亮平

KTC フィジケイド代表

 

はじめに、”セルフコンディショニング”とは、自分の身体を思い通りに動かせる、機能的な身体つくりを目的とします。プロ・アマ、スポーツの種類、年齢を問わず、パフォーマンス向上やケガの防止を目指し、シニア世代の方においては、転倒防止や丈夫な体作りのため、日常に取り入れることでご自身の活動の幅を広げていらっしゃいます。

FAMILY SNOW PROJECTで実施するコンディショニング指導は、特にスキー・スノーボードに特化し、参加者のパフォーマンス向上とケガの防止をサポートさせていただきたいと考えています。

スキー、スノーボードは、脚が固定された状態下の(特にスノーボード)足裏や体軸の重心移動によってパフォーマンスを発揮しなければならないスポーツであることが最大の特徴だといえます。つまり足関節が固定されている状態で、板を自在に操作するために、膝、股関節、腰の連動した柔軟性と動きが非常に重要であること、また、その上で姿勢をコントロール出来るバランス能力(体幹筋力/足裏の感覚)がパフォーマンス向上の鍵となります。これらの特徴を十分に考慮したうえでプログラム構築を行います。また、普段お子様が取り組まれているスポーツのパフォーマンス向上に関するご相談も個別に受けさせていただきます。

本イベントでの指導では、スポーツトレーナーとして、総合的な側面でお子様の機能的なカラダつくりに貢献します。